自分のHP2012/08/21 07:48

久しぶりに見ました。


長らく放置したままで

ずうっと気になっていたのですが

なかなか更新する気にならず

いっそのこと閉めようかとも思ったのですが・・・


「七宝焼」教室でお友達になったMさんが

「見たよ。」と言ってくださったので

放置状態のHP・・・ちょっとはずかしいと思いつつ

久しぶりに見てみました。


まことに手前味噌で自分よがりな文章が

並んでいますがσ(^_^;)アセアセ...

でも

「我が家の薔薇」の部屋を見た時

ほっとする自分が

ここにいました。

わずかばかりの薔薇の写真のスライドショーですが

ここに使っている曲に癒されました。

「オリジナルピアノ」さんというサイトのmidiを

使わせていただいているのですが

もうこのサイトは今はなく

だから大切な大切な曲なんです。

こんな曲を使ってたんだ・・・

自分でも忘れていましたが

ほんとに疲れた心に沁みる曲です。


あぁ

誰も見る人がいなくても

自分自身で見て癒されることもあるんだと

わがHPを閉じることを

止めようと思いました。


そうだね

そろそろ更新しないとね

写真館の写真

いっぱいあるのに

見られるようにしていないんだった。


ちょっとがんばってみるかぁと

そんな気持ちになった

今朝の私でした。d(゚-^*)

我が家の薔薇2012/05/25 13:09

精一杯咲いてくれています。

この写真の薔薇は

1枝に7つ花をつけています。

1枝だけでも

花束のように見えます。


大きい薔薇といえば

この薔薇「レオナルド・ダ・ヴィンチ」(すごい名前ですね)と

もう1つ「デューク・オブ・エジンバラ」(これまたすごい名前)の

2本きりですが

毎年いっぱい花をつけてくれます。


薔薇といえば

広大なお屋敷を想像しますが

我が家のような小さな小さな家の庭にも

花は咲き誇ってくれて

それはそれなりに

絵になっていると

勝手な思いこみをしております。(笑)


さてさて

昨日お友だちがさそってくださって

「ママン・コシェ」という

それこそ立派なバラ園に

行ってまいりました。

そこの見事なまでの薔薇は

もう1つのブログ「心の軌跡」にて

紹介したいと思っています。


今日のことにならないかもですが

近いうちに

必ずUPしますので

よかったら

そちらの方を

覗いて見てください。


よろしくお願いします。_(_^_)_

昨日は2012/02/09 16:05

朝はしっかり晴れてたのに

昼過ぎから

急に雪が降り出しまして

しかも風が強く

吹雪状態になりました。


そんな中

孫(小2)のクラスは

インフルエンザの子が多いということで

下校時刻を1時半にしたらしいのですが

その時刻は

吹雪真っ只中だったもので

そのクラスの子どもたちは

とんでもなく大変な目に遭ったことだと思います。


私は娘から

昼過ぎに子どもが帰るので家に来て欲しいと言われていたので

1時半ごろに行ったのですが

すごく心配になって

迎えに出たら・・・


向こうの方から

傘はさしてはいるけれど

服も顔も手も足も

雪まみれになって帰ってきていました。

まるで雪だるま状態・・・


えぇ~

これじゃ風邪ひいてなくても風邪ひきます。

インフルエンザ拡大を防ぐ措置だとは思いますが

ちょっとねぇ・・・

状況判断がぁ・・・



私もかつての職業柄

学校の事情はわからないわけじゃないけれど・・・

う~ん

考えさせられました。(-_-)

ふだんあまり考えないけど・・・やっぱり怖い!2011/12/21 11:02

 自分の「個人情報」は,どこにどれだけ流れているんだろうか・・・

 ふだんあまり考えたことないけど,よくよく考えて見れば,いろんなところに流れていると思う。

 たとえば化粧品など買った時に,「会員になってください。」と言われ,店の人が差し出す会員登録票に,名前や住所,電話番号,はたまた生年月日等を書いたりはしなかっただろうか。

 また,何かのカードを作る時もしかり・・・公共料金等を自動引き落としにするための手続きをする時もしかり・・・
 
 その中にはどうしても必要であるものもあるが,どうでもいいことで,店の人に勧められるまま,何も考えずに登録をしてしまっていたりはしないだろうか・・・そして,自分が登録をしたことも忘れ去った今も,その時に書いた個人情報はどこかに留め置かれ,パソコン等に打ち込まれ,半永久的に残っていたりする・・・それがどこかに流れてしまって問題になっているところもあるのは,テレビ等でもよく聞くことだ。 絶対にないとは言い切れない話だろう。

 なぜそんなことを急に言い出したのかというと・・・

 実は昨日,こんなことがあったのだ。

 とあるショッピングセンターの化粧品コーナーで,口紅を1本買ってその代金を支払う際に,
「これにお名前等を記入していただいたら,こちらの試供品をさしあげます。」と言って,用紙をさっと差し出された。私は試供品はどうでもよかったが,なんでか何も考えずに用紙を受け取り,まず名前を書いた,続いて住所,電話番号と書いて,誕生日の日付欄で,はたと手が止まった。

 えっ,これまで書くの?と思った瞬間,なんだかとってもいやぁな気持ちが中からわいてきて,そこだけあえて空欄にしていたら,その店の人に
「ここもお書き下さい。」と言われた。

 私はすかさず「それ,何に使うの?」とたずねた。するとその人もすかさず「何にも使いません。」と答えた。だったら何で書くように勧めるの?・・・そんな気持ちになったにもかかわらず,私はそこに記入し,黙ってそのコーナーを後にした。

 でも・・・それからが大変! 私はそれ以降,なんでそんなもん書いたんやろうという思いで夕方まで,いやいや夜も過ごさねばならなかった。

 魔が差した・・・ふだんは用心深い私としたことが何で?それがまた自分でも怖かった。

 夜が明けて,朝の10時になるのを待ちかねて,早々にその店のコーナーに行き,昨日出した「会員登録書」を返してもらって,やっとほっとした。

 でもね,その用紙がなかなか見つからなくて,係の人があわてふためいて探している姿を見ていた時は,内心どきどきしたよ。そんなことはないと思うが,最悪昨日対応した人が持ち帰ったとか,その1枚だけどこかに飛んでいったとか・・・どんどん考えが悪い方に向かうんだもん。

 結局は不用意になんでもに個人情報は書くなということで,昨日の自分が甘かったのが一番いけないのだが,店の人にちょっとだけ苦言を呈すると,こんな時代なのだから,一言それはどんなことに使うとか,目的以外には絶対に使わないとか,情報管理は徹底して行っているとか・・・そういう言葉を添えることは必要だったのではないかと思う。

 企業のお偉い方たちは,店で接客する立場の人には,ぜひ情報管理にかかわる指導をしていただきたいなぁと思った昨日の出来事でした。

 ここまで考えないと行けない時代になったことが,やっぱり悲しいのですけれどね。(^o^)

今日は2011/12/07 09:52

某小学校での「読み聞かせ」の日でした。

今日の担当クラスは3年生。

今まで1,2年生のクラスばかりだったので

子どもたちがとても大人びて見えました。

低学年の子どもたちは

何かインパクトのある挿絵や言葉が出てくるたんびに

声をあげて反応しますが

3年生ともなると

ただただ静かに挿絵を見て話を聞いています。

おもしろいと思っているのか

たいくつだとおもっているのか

ちょっと不安になって子どもたちの顔をちら見すると

かすかに口元がひくひくしたりしてる・・・

あぁ,それなりに反応してるんだと

一安心。

後は,ちょっと長い話の本を

2冊一気に読み・・・

本日の「読み聞かせ」は終了です。

先生・・・今日の方は

後ろの方で子どもたちの提出物のマルつけをしておりました。(^^)

そうですよね

この時間は貴重だもん

マルつけしたい気持ちはよくわかる。

でもね,

月1回しかない「読み聞かせ」の時間

まして外部の者が来ている時くらいは

一緒に聞くのも大切かもしれませんよ・・・

なんてね

ついつい先輩としての苦言を

心の中でつぶやき

顔はにこやかな笑顔で

その教室を後にした私です。(^-^)


ぜんぜん関係ない写真だけど

心がほっとするような写真を1枚

貼っておきます。

「クロッカス」の花

ありふれた花だけど

じっくり見ると

とても美しい花ですね。

私はこの花の色が

大好きです。(*^_^*)