三重県から届いた新茶2007/05/09 13:51

今年の新茶・・・飲んでみました。とてもおいしいお茶でした。
 いつもこの時期になると三重県の方から新茶が届く。その方とはもう18年も前になるだろうか,あるセミナーで知り合い,ほんの4日間だけお話をし,それ以後は全くお会いしていない。それにもかかわらず毎年この時期になると地域の特産物である「新茶」を送ってくださる。私はこちらの「そうめん「や「うどん」をお送りし,電話やメールでお礼を言い合うほんとうにシンプルなおつきあい。考えてみるととても不思議な縁で今日までずっとつながっている。

 セミナー・・・それは「自己啓発セミナー」なるもので,たった5日間のセミナーになんと20万(くらいだったと思う)もかかるという,今から考えるとなんともうさんくさそうなものだ。いろんな悩みをかかえている人や自分に自信のもてない人たちが集まって自己改革をするのだが,ちょっと催眠療法的なものもあって,これにはどっぷり浸かってはいけないなと感じた私やその方やその方の旦那さんは,セミナーが終わるとわざと一緒にいて話をするようにした。結局この会のねらいであった?次の会への勧めには応じずにそれぞれ帰っていったのだが,その時たまたま同じ思いをもったというだけのことで,ここまで長くおつきあいをすることができている。ほんとうに不思議な縁としかいいようがない。その方が保育所の先生(今は園長さん)であったことも話が合う要因だったのかもしれないが。

 結局そのセミナーに高いお金を払って参加したからといって自己改革はできなかったが,素敵なお友だちができたことは大きな収穫だったと思う。

 ところで蛇足だが,なぜそんなセミナーに参加しようと思ったのか,それは夫の友だちの紹介もあり夫が私に勧めたからに他ならないが,当時私は職場で辛い立場にあった。(大人のいじめ)その会に参加しても何も変わりはしなかったが,それでもなんとかその場から逃げ出さずに切り抜けることができた。20万もかかったのだから,それはその会に参加したからだということにしておきましょうか。(^-^)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

_ 自己啓発の意味を 〜自己啓発に取り組む意味とは〜 - 2007/05/18 03:08

自己啓発に関する真に意味のあるセミナーに参加したり本や・雑誌・CD等出版物を買う場合、その選択の際に参考になるのはギネスブックで「世界No1のセールスマン」に認定されたセールスマン、ジョー・ジラード氏の言葉です。「確かな実績のある人の本を買う」こと。